2013年01月27日

ジョコビッチVSマレー 全豪オープンテニス 2013 決勝

ジョコビッチVSマレーの全豪オープンテニス2013決勝が始まった

まずは両者無難にキープから始まる
ジョコビッチの攻撃とマレーの守備が基本で進むとおもわれるが
それだけではない

だんだんペースを上げながら、両者サービスキープで
6−6タイブレーク

マレーがこのタイブレークをものにした

セカンドセット
マレーのサービスゲームは、簡単に終わるが
ジョコビッチのサービスゲームはかなり手こずりながらも
両者サービスキープで
またタイブレーク

タイブレーク2−2から
マレーがダブルフォールトでミニブレーク

こんどは、7−3でタイブレークを制して
セットカウント1−1

イーブンに戻る
ここでマレーが、インジュリータイムを取って
靴を脱いで足のメインてしてもらっている
これだけ走ったら、足も痛くなるでしょう

すでに、2時間半くらいかかってる
いつ終わるんだ。。。

第三セット
スタート

出だし、ジョコビッチのサーブ
ジョコビッチはかなり余裕を持って、変化をつけてサービスキープ

4−3
0−40とジョコビッチがブレークポイント
30−40でマレーのフォアがネット

この試合最初のブレークがおきた

5−3ジョコビッチだ

ジョコビッチがキープで
セットカウント2−1ジョコビッチがリード
ここまで約3時間

マレーがなんか審判に怒ってる
かなりずっと怒ってる、なに言っているかわからない。

第四セット
マレーのサーブで始まる
なんかちょっと、気合抜けにみえるファーストポイントをマレーが落とす
でも30−30になる

ジョコビッチ、ギアが入ったか
ここで試合開始から3時間

マレーが危なかったけどキープした

ジョコビッチのサービスゲーム
マレーにブレークポイント

マレー右のおしりの下の筋肉がいたくてつらそう
でもよくみると、マレーの下半身すごい筋肉だ
しかし、ジョコビッチがキープ

1−1からジョコビッチがブレーク
2−1ジョコビッチ

3−1でマレーのサービス
最後マレーのダブルフォールトで、4−1ジョコビッチ

マレーにとっては2ブレークされて
絶体絶命だ

ジョコビッチのサービスゲーム
ジョコビッチが勝ちを意識してか、硬い

それでもジョコビッチがキープ
5−1ジョコビッチだ

0−30から
ジョコビッチの絶妙なアプローチに見せかけてのドロップショット、すごい

でも
ジョコビッチ、けっこう硬いプレーがでてくる
優勝のプレッシャーだろうか

ジョコビッチのリターンが長くて
マレーがキープ

5−2ジョコビッチ

ジョコビッチのサービスゲーム、0−30で
ジョコビッチのスマッシュがネットインで15−30
に戻す

ジョコビッチにつきがあるのか

40−30
ジョコビッチにマッチポイントが来た

マレーのネットで
ジョコビッチが全豪オープンテニスに三連覇

ジョコビッチの硬さが前半から目立ったけど
それでも勝ち切ったジョコビッチがすごい

三連覇は全豪オープン化以降
初めての三連覇だそうです

オープン化っていうのは
プロもでれるようになってからという意味です

要所要所でジョコビッチが抑えられた
その実力がすごいということですね。

posted by そして at 21:27| Comment(0) | 全豪オープンテニス 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
全豪オープンテニス」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。