2013年01月20日

ラインジャッジのミスジャッジ

錦織圭の試合
そしてジョコビッチとバブリンカの試合を見ていると
かなりラインジャッジのミスジャッジが多く、それを主審がオーバーコールしている例がある

全豪オープンテニスなみの大会になると、国際審判員の資格がある人がラインをすることが多い
でもね
選手じゃないんだよね

選手がチャレンジしても、けっこう間違えるでしょ

私も、国内のWTAとかJOPとかITFとかのラインけっこうしたけど
わかんないですよ

いっそ機械で全部できるならしたほうがいいと思いますし
ジャッジにすごいクレームつける選手もいます

国内の場合、ラインの給料ってほとんどただです
で、選手に文句言われて
信頼するテニスコーチとかテニス仲間に
やってよっていわれてやることがおおいです
その出世したのが
全豪オープンテニスのラインジャッジ

正確なジャッジなんてできるわけがないです
金銭的にはそこそこもらうみたいですが
日本からいって、ペイするかっていうと
ぜんぜん赤字だけど
資格のグレードアップがあるみたいです

そういうラインジャッジを見るのも
一つのグランドスラムの楽しみ方かと思います
posted by そして at 20:01| Comment(0) | 全豪オープンテニス 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
全豪オープンテニス」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。